交通事故による後遺障害について

① 自賠責保険における後遺障害等級認定制度の意義

自賠責保険における後遺障害等級の認定制度とは、自賠責保険の保険会社が、後遺障害が残った交通事故の被害者に対して自賠責保険金を支払う際に基準となる後遺障害の等級を認定する制度を言います。

本来、後遺症による慰謝料の額や労働能力の喪失の程度(率)は、個々の交通事故や被害者の事情により千差万別ですから、最終的には、裁判所の訴訟手続きでこれらの事情を認定し、具体的な慰謝料の額や労働能力の喪失の程度を算定することになります。

しかし、裁判所におけるこれらの作業には、相当な時間と労力を要しますから、交通事故の被害者の迅速な救済につながりません。

そこで、自賠責保険制度は、1級から14級までの後遺障害等級を定め、これらの後遺障害の等級を認定することにより、定額的な後遺障害慰謝料や予め定められた労働能力喪失率により算定された後遺障害逸失利益の支払いを速やかに行い、交通事故の被害者の迅速な救済を実現しようとしているのです。

後遺障害等級表は、こちら。 → 後遺障害等級表