交通事故による後遺障害について

② 自賠責保険における後遺障害認定の仕組み

自賠責保険において後遺障害等級を認定する主体は、損害保険料率算出機構という特殊法人です。この損害保険料率算出機構は、各保険会社からは独立した公正中立な機関です。

損害保険料率算出機構の地方組織である地方調査事務所は、加害者側の任意保険又は被害者から行われた自賠責保険金の請求に後遺障害の損害についての請求が含まれる場合には、後遺症自賠責診断書などをもとに、後遺障害等級の認定、すなわち、後遺障害の有無及び具体的な等級を判断します。

なお、自賠責調査事務所が行った後遺障害等級の認定に不満がある場合には、被害者は、異議申し立てをすることができます